神田・秋葉原・新橋・上野|出張・回春マッサージなら「オリエンタル」!前立腺と睾丸マッサージはおまかせください!「タイム割り」で出張風俗の『「必要経費」=レンタルルーム代、ホテル代』を節約しよう!!

神田・秋葉原・新橋・上野|出張・回春マッサージ【ORIENTAL】

「神田エリア」のホテルリスト

「神田エリア」のホテルリスト、のご案内

① 「神田エリア」のホテル(ビジネスホテル、シティホテル)では「タイム割り」*「出張回春マッサージ」*が利用可能です!!

❶ 出張回春マッサージ オリエンタルについて

当店オリエンタルは東京都心部中心に自宅・ホテルへ「出張回春マッサージ」*を提供しています。

東京都港区神田エリアにはレンタルルーム、そしてビジネスホテル、シティホテル・・・へ、またはラブホテルで・・・。お得な「タイム割り」*出張回春マッサージ」を提供します。ここでは「神田エリア」のホテルリスト(ビジネスホテル、シティホテル)をご案内しています。

 

❷ 「神田エリアのホテル」(ビジネスホテル。シティホテル)で

「神田エリアのホテル」をご利用のお客様はお得な「タイム割り」終了後(~21pm)も、終日割引中。詳細は「割引クーポン」*参照ください。

 

❸ 神田エリアのレンタルルームで

下記の「ホテル(ビジネスホテル、シティホテル」以外にも、神田エリアのレンタルルームでも「タイム割り」出張回春マッサージを受けることは可能です。「神田エリアのレンタルルーム」* こちらから確認ください。

 

❹ ラブホテルで

また、非日常的に、ゆったりと「ラブホテル」出張回春マッサージを受けたいという貴方。新橋エリアはラブホテルがないので、「文京区湯島エリア」のラブホテル限定で「タイム割り」が可能です。「湯島のラブホテル」*参照。

 

  ② 「神田エリア」の「タイム割り」対応ビジネスホテル・シティホテルMAP

③ 「神田エリア」の「タイム割り」対応可能なホテル一覧(ビジネスホテル・シティホテル) あいうえお順

⑴ 「神田エリア」の「タイム割り」対応のホテルの所在地

 ⅰ 千代田区岩本町、神田小川町、大手町、神田東松下町、丸の内、内神田、神田神保町、
 ⅱ 中央区京橋、日本橋本町、八重洲、日本橋小伝馬町、日本橋大伝馬町、日本橋馬喰町、日本橋富沢町、日本橋小舟町、

あ行

① アパホテル 神田駅東    東京都千代田区岩本町2-1-1

② アパホテル 神田神保町駅東   東京都千代田区神田小川町3-1-22

③ アパホテル<銀座 京橋>   東京都中央区京橋3-6-7

④ アパホテル<銀座 宝町>     東京都中央区京橋3-11-2

か行

⑤ KKRホテル東京 (国家公務員共済組合連合会東京共済会館)     東京都千代田区大手町1-4-1

⑥ コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション     東京都中央区京橋2-1-3

⑦ コンフォートホテル東京神田   東京都千代田区神田東松下町11-2

さ行

⑧ スマイルホテル日本橋三越前 (旧「鴨川イン日本橋」)  東京都中央区日本橋本町1-4-14

⑨ スーパーホテルLohas東京駅八重洲中央口 八重桜の湯     東京都中央区八重洲2-2-7

⑩ 相鉄フレッサイン東京京橋     東京都中央区京橋2-11-1

た行

⑪ 伝馬の湯 ドーミーインPREMIUM東京小伝馬町     東京都中央区日本橋小伝馬町2-3

⑫ 東京ステーションホテル   東京都千代田区丸の内1-9-1

⑬ 東横イン神田秋葉原      東京都中央区日本橋馬喰町2-2-4

⑭ 東横イン東京日本橋      東京都中央区日本橋大伝馬町14-16

⑮ 東横イン日本橋税務署前   東京都中央区日本橋富沢町11-5

⑯ 東横イン日本橋三越前A4   東京都中央区日本橋小舟町11-12

 

は行

⑰ ホテルヴィラフォンテーヌ東京大手町   東京都千代田区内神田1-8-8

⑱ ホテルヴィラフォンテーヌ東京九段下   東京都千代田区西神田2-4-4

⑲ ホテルヴィラフォンテーヌ東京神保町   東京都千代田区神田神保町1-30

⑳ ホテルかずさや      東京都中央区日本橋本町4-7-15

㉑ ホテルマイステイズ神田   東京都千代田区岩本町1-2-2

㉒ ホテルメトロポリタン丸の内      東京都千代田区丸の内1-7-12

㉓ ホテル龍名館東京      東京都中央区八重洲1-3-22

ま行

㉔ 丸ノ内ホテル     東京都千代田区丸の内1-6-3

㉕ 三井ガーデンホテル京橋   東京都中央区京橋1丁目3番地6号

 

④ 「神田」って、どんな場所?!

⑴ 孔子廟~昌平坂学問所

聖橋はニコライ聖堂と湯島聖堂の二つの聖堂を結ぶ橋として命名。

5代将軍の徳川綱吉は「生類憐みの令」で有名だが、一方では学問好きの顔がある。綱吉は1691年、上野忍ヶ岡にあった(三代将軍の家光がつくらせた)、林羅山の儒学塾の孔子廊を湯島に移転。需家の祖、孔子を祀る聖堂である。後に老中の松平定信が幕臣の子弟を教育する昌平坂学問所に改めたが。孔子の生誕地の昌平郷にちなんで、聖堂ちかくの橋を昌平橋に。聖堂わきの坂を昌平坂。

⑵ 神田明神

その昌平坂を上がったところには神田明神。神田明神は江戸時代より、今の赤坂の日枝神社と並び称されるほど格式のある神社。神田明神の祭りの神田祭は山王祭とともに天下祭と呼ばれた。また、神田明神内には「神田明神資料館」があり、神田祭と、江戸の歴史を知る資料が豊富にある。社殿横には「銭形平次」の碑がある。平将門公も祀られている。

⑶ 銭形平次

野村胡堂「銭形平次捕物控」は、昭和6年から32年まで「オール読物」を中印に紙面を飾った。当時また人気だった岡本綺堂「半七捕物帳」に対抗して、新雑誌の柱にすべく連載スタート。

⑷ 職人町

江戸開府のころ、町つくりの職人不足から京、三河などから職人を呼び寄せた。その一部が鍛冶職人の町の鍛冶町、蠟燭職人は現在の司町、大工職人は現在の内神田、藍染め職人は紺屋町、荷物を担ぐ背負子のことを連雀というが、その職人は現在の神田須田町・・・。

更新日:

Copyright© 神田・秋葉原・新橋・上野|出張・回春マッサージ【ORIENTAL】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.