神田・秋葉原・新橋・上野|出張・回春マッサージなら「オリエンタル」!前立腺と睾丸マッサージはおまかせください!「タイム割り」で出張風俗の『「必要経費」=レンタルルーム代、ホテル代』を節約しよう!!

神田・秋葉原・新橋・上野|出張・回春マッサージ【ORIENTAL】

回春とは?!

回春とは?!

「回春」の歴史

 

❶ 出張回春マッサージの「オリエンタル」は東京都心部の自宅・ホテルへ深夜1時まで予約可。早めのご予約をおすすめします。前立腺、睾丸マッサージは専門店で。もちろんリンパ、アロマオイルマッサージの鼠径部へのスキルも抜群。「回春」についての説明です。

❷ 「出張風俗の必要経費」であるホテル代を節約するなら「タイム割り」で!!詳細をご確認ください。

 

「回春」とは?!

「回春」という言葉は、現在日本では性的な意味で用いられることが多いようです。「現在日本では」というのは、「昔」はちょっとニュアンスが違っていたようです。

ここでももちろん、「そういった意味」での「出張回春マッサージ」ですが、少し歴史を踏まえた説明を。お付き合いください。

「回春」とは文字通り、

❶「また春になること」、

❷「若返ること」、

「衰えた精力を取り戻すこと」という意味で使用されることが現在は多くあると思います。

しかし、「回春」その言葉の起源は16世紀後半の中国伝統医学の御典医でもあるキョウ廷賢(キョウテイケン)が著作した「万病回春」から。いわゆる漢方を用いた回春剤(若さを回復させる薬剤、強壮剤全般。)の処方をまとめたもの。総合医療書で江戸時代に日本にも伝わり、版を重ね漢方薬の分野でもその後に大きな影響を日本に与えたといわれます。

もともとの意味は、今の「回春」とは少し意味合いが違っていたのですね。「若さを回復させる」という、「性的な意味」よりももっと広い意味でした。

時の権力者が一般的な意味での「回春剤=強壮剤」を作らせた記述は、歴史書にも中国、インド、エジプト、ギリシャ、ローマ、イスラムなどで見られます。当然の成り行き、自然なことです。いずれも古代文明が発達した場所が多いのが特徴でしょうか?!もちろんセックスが「若返り」の重要な要素なのはいうまでもありませんから、古来古今東西の権力者らは、強壮剤(一般的な意味での「回春剤」)から、強精剤、媚薬に至るまで・・・、を自然な流れで作らせるようになったのでしょう。当然です、「天下人」ですから。

そして現代日本では「強精的な意味」での「回春マッサージ」が流行しています。平和で、いいことです。

 

NOTE

秦の始皇帝について

世に天下人もたくさん、いるでしょうが、始皇帝ももっとも派手な人生を送った一人でしょう。たぶん人より「テストステロン」の分泌が多い彼は、彼には一人の皇后、二人の皇后代理、6人の妾、72人の女官(準妾)がいた。宮廷にはほかに3000人ほどの処女がいたらしい?!彼は他国を蹂躙した際に、それらの女を連れてきたらしい。さらに、なくなった父親の側室のうち二人を自分の側室に迎えた。彼はまた、地方へ巡行するたびに、何万人という兵士らとともに、10両ほどの特別仕立ての車両に裸で女性を待機させ、彼女らは始皇帝の寵愛を待っていたという。

だんだん、いやになってきたので止めます。こんな人たちは必ずや強請剤をつくらせるでしょう?!

更新日:

Copyright© 神田・秋葉原・新橋・上野|出張・回春マッサージ【ORIENTAL】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.